Kyash Card及びKyash Card Liteに関する特約

第1条 総則

  • Kyash Card及びKyash Card Liteに関する特約(以下、「本特約」といいます。)は、株式会社Kyash(以下、「弊社」といいます。)が発行するVisaプリペイドカードのうち、物理的なKyashカード(以下、「物理カード」といいます。)をご利用いただく場合に適用されます。
  • ユーザーは、本特約に同意したうえで、本特約の定めに従って物理カードを利用しなければなりません。
  • 本特約は、弊社のKyashプラットフォーム利用規約及びプライバシーポリシー(以下、併せて「ユーザー規約」といいます。)と一体となって適用されるものとします。
  • 本特約の定めが、ユーザー規約の定めと異なる場合には、本特約の定めが優先して適用されるものとします。
  • 本特約で使用する用語は、特に定めのない限り、ユーザー規約における用語と同一の意味を有するものとします。

第2条 署名

ユーザーは、本特約に同意のうえ、各物理カード裏面のご署名欄に自署するものとします。なお、ユーザーは、物理カードの裏面に署名をした場合、ユーザー規約及び本特約の内容を承認したものとみなされることを承諾するものとします。

    第3条 所定事業者

    • ユーザーは、所定事業者との間の対象商品等の代金決済において物理カードを利用することができます。
    • 前項にかかわらず、会費や接続料等の反復継続的に料金が発生する所定事業者、高速道路や一部のホテル等、一部利用できない所定事業者が存在することをユーザーは予め承諾するものとします。
    • ユーザーは、所定事業者において対象商品等の購入その他取引を行うに際し、物理カードの裏面にあらかじめ記載した署名と同一の署名をする又は暗証番号(PIN)を入力する方法、その他など弊社所定の方法により、物理カードを利用することができます。但し、一部の対象事業者においては、伝票等への署名等を省略して利用できる場合があります。
    • Kyash Card Liteの物理カードは、海外の(実店舗の)所定事業者においてはご利用できません。

    第4条 物理カードの管理

    • 物理カードの原板の所有権は当社に帰属するものとします。
    • 弊社は、物理カードの原板の磁気不良、ICチップの不良及び毀損等の場合には、ユーザーが弊社所定の届けを提出し弊社が適当と認めた場合に限り、物理カードを再発行します。なお、再発行にかかる手数料はユーザーが負担するものとします。

    第5条 盗難等

    • 物理カードの盗難、偽造、紛失等その他の事由(以下、まとめて「盗難等」 といいます。)により物理カードが第三者に不正利用された場合、当該不正利用が次項の通知後か否かにかかわらず、ユーザーに損害が生じた場合であっても、弊社は責任を負わないものとし、ユーザーはその物理カードの利用代金についてすべて支払いの責を負うものとします。
    • ユーザーは、物理カードが盗難等にあった場合、速やかにその旨を弊社に通知するものとします。弊社への通知は、改めて文書で届け出ていただく場合があります。

    第6条 カード原板の破棄

      ユーザーが届け出た住所に、弊社が物理カード原板を発送したにもかかわらず、当該物理カードが不着となり一定期間経過した場合、弊社は当該物理カード原板を破棄することができるものとし、且つ物理カード原板の再発行、交換及び返金はしないものとします。