「オープンAPI×カード」で
ビジネスの未来を拓く

オープンなAPIプラットフォーム「Kyash Direct」は、国際ブランドカード(Visaカード)の発行と決済処理を支えるソリューションです。本プラットフォームは、ポテンシャルを秘めた企業の既存ビジネスを拡張・拡大し、新しい可能性を拓きます。

「バリュー」を解放し、
新しい未来へ。

Kyash Directは、
イノベーティブなビジネスを創造するために開発された
オープンAPIプラットフォームです。

本プラットフォームは、オリジナルVisaカードの発行から、
発行カードを用いた決済処理システムの構築・運用までを
ワンストップかつフレキシブルに実現します。

APIをオープンにすることで、
企業との協働を通じた
新しい価値とビジネスの創出、
未来の市場の創造を目指しています。

特徴と独自性

ホワイトラベル

利用企業のオリジナルのVisaカード発行と決済処理をホワイトラベルでサポートします

ワンストップ

カード発行ライセンス、決済を行うプロセシング・システムなどをワンストップで提供します

オープンAPI

クラウドを通じて、フレキシブルなオープンAPIを提供します

スピード & ローコスト

時間と費用を最小限に抑えたローコストなシステム構築を実現します

提供先企業

Kyash Directは、カード発行と決済処理を通じて、
B2C事業、B2B事業いずれの利用企業にも対応
システム提供が可能です。

B2Cビジネスの利用企業

B2C向けサービスにおいては、売上金やポイントなどの「バリュー」を現金化する際に、煩雑さ、複雑さ、時間コストなどの 問題が生じることがあります。こうしたバリューの流動性の低さは、ユーザーにとってマイナス要因になってしまいます。

B2Bのビジネスの中で生じるバリュー(債権、報酬、与信など) は、現金化する際に、手間や時間などのコストがかかり過ぎてしまうなど、流動性が低くなるケースが多くあります。

B2Bビジネスの利用企業

利用企業は、Kyash Directを通じて、自社ユーザーにカード発行・配布することで、滞留しがちだったバリューの流動性を高めることが可能になります。

利用企業のクライアントは、こうした課題を、Kyash Directで発行されたカードを通じて解決できる可能性があります。また、ファンディングソース(資金元)を自社のものに設定・接続することで、より効率的で迅速なバリューフローの構築が可能になります。

多様なユースケース

パートナー企業が、Kyash Directを活用し、自社ビジネスを拡張することで、
以下のような多様なビジネスの可能性が拓けます。

事例

クラウドキャスト社が発行する
経費精算サービス一体型法人プリペイドVisaカード

「Stapleカード」

ストーリー

Story

クラウドキャスト社との協働により誕生したのが、国内初となるVisa加盟店で利用できる経費精算サービス一体型法人プリペイドカード「Stapleカード」です。

Kyash Direct x Stapleカードが目指したのは、経費精算を限りなく軽く、シームレスにすることでした。

同カードを利用する企業は、社内承認された経費・費用などを経理担当者を通じて、同カードへチャージすることができます。これにより、同企業の従業員は、煩わしい経費の立て替えや面倒な精算が不要になります。

プリペイド式であることから、従来あった法人カードの与信審査も必要なく、低リスク・低コスト、スピーディーに、より多くのスタッフへのカード配布を可能にしています。

また、Visaカードであることから、Visa加盟店ならば、国内・海外の実店舗、オンライン決済など幅広く利用ができて、出張の際の交通費、宿泊費やオフサイトミーティングなどの交際費など、様々なビジネスシーンで利用することができます。

スキーム

Scheme
1
カード発行

Staple利用企業はStaple画面上にてカード発行を希望すると、クラウドキャスト社のシステムからKyash Directにリクエストが届き、物理カードが発行されます。

*ファンディングソース(資金元)には、企業のソースを直接設定し、接続させることも可能です。企業のソースには、例えば、マーケットプレイスの売上金やシェアリングビジネスの報酬といったソースを接続できます。

2
決済

クラウドキャスト社(利用企業)は、ファンディングソース(資金元)を指定し、オープンAPI「Kyash Direct」に接続。同社の場合は、銀行口座がファンディングソースとして指定されています(*) 。

*ファンディングソース(資金元)には、企業のソースを直接設定し、接続させることも可能です。企業のソースには、例えば、マーケットプレイスの売上金やシェアリングビジネスの報酬といったソースを接続できます。

Kyash Directの役割

Role

Kyash Directが担うのは、StapleカードのVisaカードの発行と、プロセシングと呼ばれる決済処理です。(本ケースでは、アプリケーション構築はクラウドキャスト社が行っています)

従来のオリジナルのブランドカード発行スキームでは、費用および工数面において、実現が難しかったのですが、Kyash Direct をご利用いただいたことで、ワンストップなスキームでスムーズに実現しています。

次代のカードソリューションとして

Kyash Directは、次代を創るためのオープンAPIプラットフォームとして、
新しい視点・視座・アイデア、革新的テクノロジーを通じて
既存ビジネスの拡大・拡張を目指すパートナーとなる企業を探しています。

Kyash Directに興味をお持ちいただけましたら、以下のフォームよりご連絡ください。

Kyash Direct 法人お問い合わせ

下記のフォームに必要事項の記載をお願いします。

※ Kyash Directと関係ないお問い合わせや営業などに関しましては、返信いたしかねます。
予めご理解くださいますようお願い申し上げます。

Thank you! Your submission has been received!
Oops! Something went wrong while submitting the form.