Apple Payモバイルペイメント特約

Apple Payモバイルペイメント規約(以下「本規約」といいます)は、株式会社Kyash(以下「当社」といいます。)が発行するKyashのカード(以下「Kyashカード」といいます。)をApple Japan合同会社(以下「Apple社」といいます。)が指定する端末(以下「対象デバイス」といいます。)上のApple Payアプリケーション(以下「Apple Pay」といいます。)でご利用いただく場合(以下、対象デバイス上においてApple PayにKyashカードを登録して代金決済等ができるサービスを「本サービス」といいます。)に適用されます。KyashカードをApple Payに登録することにより、Kyashのユーザー登録を行ったKyashカード保有者(以下「ユーザー」といいます。)は本規定に同意をしたものとみなされますので必ず事前に本規定をお読みください。本規定に同意されない場合はKyashカードをApple Payに登録・利用することは出来ません。

第1条 総則

  • 本規約は、Kyashカードを対象デバイスに登録し、Apple Payを登録・利用するにあたり適用されます。
  • 本規約に基づきApple Payを利用する場合、本規約だけでなく、当社が提供しているKyashカードに関するサービスを前提としているため、Kyashカードの利用に関して当社が別途定める規定(「Kyashプラットフォーム利用規約」「Kyash Card及びKyash Card Liteに関する特約」を含みますがこれらに限りません。)、及び当社が別途定める「QUICPay利用規約」(以下、総称して「関連規定」といいます。)が適用されることを、ユーザーは十分認識、理解し、これを承諾するものとします。
  • 当社は、必要に応じて本規約を改定できるものとし、改定後の規約を掲載した時点において当該改定後の規約が有効に適用されるものとします。ユーザーは予めこれを承諾するものとします。
  • 本規約に規定のない事項については、関連規定の各規定が適用されるものとし、本規約と関連規定で矛盾する規定がある場合には、本規約が優先するものとします。

第2条(Apple Payの利用)

  • ユーザーは、対象デバイス上のApple PayにKyashカードの登録手続きを行い、Apple社及び当社が承認をした場合には、本サービスの利用が可能となり、第6条の規定の店舗において決済利用ができます。
  • 前項に基づきApple PayにKyashカードを登録するにあたり、当社はApple社に対し、当該Kyashカードにかかる情報(カード番号、セキュリティコード、カード券面記載の氏名、カード有効期限)を提供します。ユーザーは予めこれに同意するものとします。
  • ユーザーは、有効期限が経過したKyashカードをApple Payに登録することはできません。
  • ユーザーは、自身の名義かつ自身が利用する対象デバイスに、自身が保有するKyashカードを登録しなければならないものとし、第三者の端末に自身のKyashカードを登録したり、自身の端末に第三者のKyashカードを登録したりしてはならないものとします。
  • Apple PayはApple社が提供するサービスであり、当社は、Apple Payの機能・品質につき何ら保証するものではありません。

第3条(セキュリティ)

  • 対象デバイスのパスコードを第三者が知っている場合、また、対象デバイスに生体認証機能がある場合に第三者の指紋、顔など生体認証に利用される情報が登録されている場合、Apple Payに登録されているKyashカードを第三者に不正利用される危険があります。ユーザー自身以外の指紋や顔などの認証情報が登録されないよう十分注意するとともに、対象デバイスを安全に管理し、パスコードが第三者に知られないよう十分ご注意ください。
  • 前項の他、Apple IDやパスワード、その他セキュリティ情報について、ユーザー自身の責任において安全に管理してください。

第4条(モバイル端末の管理、紛失・盗難)

  • Kyashカードが登録された対象デバイスの機種変更等を行なった場合、ユーザーは、変更後の端末に再度当該Kyashカードの登録が必要となります。
  • ユーザーは、Kyashカードが登録された対象デバイスについて、紛失、盗難等により自己の意思によらずにその占有を失った場合には、直ちに以下の措置を実施するものとします。
    1. 警察署等への届出
    2. Apple社所定の方法によるApple Payの機能停止
    3. 当社所定の方法による当社への届出(当社Webサイト上の問い合わせフォーム経由)
  • 前項に定める事象が発生した場合において、第三者による不正利用等によりユーザーに損害が生じた場合であっても、当社は一切その責任を負いません。ユーザーは、十分な注意をもって対象デバイスの管理を行うものとします。

第5条(ユーザー情報の収集・保有・利用)

  • ユーザーは、当社が、以下の目的のため、以下に掲げる情報をApple社から提供を受け、利用することについて同意するものとします。
    (目的)
    当社による本サービス提供のため(本サービスを利用するユーザー管理含む)
    (情報)
    1. ユーザーの氏名、住所、電話番号、使用言語等、ユーザーがApple社に登録した事項
    2. 対象デバイスの端末認識番号、端末種別
    3. ユーザーが本サービスを利用するにあたり対象デバイスに入力した内容
    4. 本サービスの利用の諾否に関する情報
    5. 本サービス利用に関する情報
  • 当社は、前項に基づき提供を受けた情報については、当社の「プライバシーポリシー」に従って取り扱います。

第6条(利用可能店舗)

  • ユーザーは、QUICPayプラス加盟店おいて本サービスを利用することができます。これらの加盟店には、原則としてJCB所定のマーク(マークには複数の種類があり、JCBのホームページにおいて公表されます。)が表示されますが、当該表示のない店舗であっても、加盟店として本サービスを利用できる場合があります。
  • Apple Payを利用できる店舗としてApple社所定のサービスマークが表示されている店舗であったとしても、QUICPayプラス加盟店でない限り、本サービスを利用することはできません。

第7条(利用上限額)

ユーザーがApple Payを利用して決済できる金額は、登録するKyashカード毎の利用上限額に従います。当社の「資金決済法に基づく表記」をご確認ください。

第8条(利用料)

本サービスの利用料は、別途定めのない限り、無料です。なお、本サービスの利用にあたって発生する通信料はユーザーが負担するものとします。

第9条(免責・解除等)

  • 当社は、ユーザーがApple Payを利用したことにより、当該対象デバイスの通話機能やインターネット通信機能、その他の機能、対象デバイスに保存された各種データ等に何らかの悪影響が及び、ユーザーまたは第三者に損害が発生した場合であっても、当社に故意または重過失、法令による制限を受ける場合を除き、一切その責任を負いません。
  • 当社は、ユーザーに対し、事前の通知なく、Apple Payに登録されたKyashカードの決済サービス提供を一時停止または中止することができ、また、本規約の一部または全てを変更することができるものとします。
  • 当社は、ユーザーが対象デバイスの利用権限を失った場合、本規約および関連規定に違反した場合、不正利用を当社が認識した場合、その他、ユーザーに対する本サービスの提供が適切でないと判断した場合は、当社は法令による制限を受ける場合を除き、通知または催告なくApplePay登録対象Kyashカードの利用の制限、停止又は中止をすることができるものとします。
  • 当社は、ユーザーによる対象デバイスの紛失、盗難被害、その他本サービス利用に必要な情報等の失念、漏洩、被窃取等により、ユーザーが損害を受けた場合であっても、一切その責任を負わないものとします。
  • 当社は、対象デバイスやApple Payの瑕疵、不備、故障、電池切れ、通信状況の不備等により本サービスを利用できず、ユーザーに損害が生じた場合であっても、一切その責任を負わないものとします。